奈良県内企業・店舗・事業の発展の為の総合支援

シラベMAP 案内サイト

シラベMAP奈良

私達が目指す理念

「シラベMAP奈良」は本サービスのポータルサイト名ですが、総合事業の総称でもあります。
奈良県内の企業・事業者・自営業者様に、ウェブ技術や情報交流、コンサルティングなどでご支援をするもので、ポータルサイトも、これらのコンテンツを活かすもののひとつとして運営するものです。

私達の理念はひとえに「奈良県の民間事業者の経済活動の活性に繋がる支援」に尽きます。

地方創生というのは、それ自体珍しいものではないのですが、私達は全く違った考えでこの事業を進めています。
以下に考え方を認めました。よろしければお目を通して頂ければ幸いです。

「奈良県の産業の活性化」「人口減少、産業の衰退を懸念」「新しい奈良県づくりへの取り組み」…。
よく聞く言葉ですが、奈良県の県民性を分析すると、この前提にこそ、問題があるのだと、私達は考えています。
奈良県の現状を把握すると以下のようになるのではないでしょうか。

奈良県は素晴らしいところで、古代より都が置かれた歴史のある土地で、古代史の舞台となった歴史的に重要な建造物や豊かな自然、世界遺産や国宝なども豊富で、年間3500万人の観光客が訪れます。
しかし奈良県としての借金は1兆円を越えていて、有業率も全国で最下位でありながら県外就業率が非常に高い上に、県外消費が全国1位となっています。
益々増加している人口の流出や地域産業の衰退を食い止め、奈良県を創生すべきです。
何故、これほど素晴らしい環境にあるのに、多大な負の遺産を抱えているのでしょうか。

奈良県は確かに歴史的遺産や自然環境などに満ち足りたところですが、私達はこれ自体が奈良県の今日の衰退の原因があると考えています。
古くから文化や産業など豊かな生活環境にあり、また日本有数の観光資産を持っていましたので、生活の向上の為の努力の必要が少なく、社会の変化を嫌悪する県民性が生まれたとも言えます。
そこに都市化の流れの中で、大阪や京都のベッドタウンの役割が進み、奈良県民が奈良県を意識することは少なくなって行きました。

これに対しては、「考えてみよう」とか「積極的に意識を持とう」と言うような意見は多いのですが、それでは解決はしません。

何故なら基本的に「奈良県民は奈良県が好きでない」からです。

これは何も珍しいことではありません。
日本の全ての地方の衰退は、そこに住む人たちが自らの住む場所に知識や愛情を持っていないのが原因です。
地方都市の多くは早ければ高校で、ほとんどがその後、進学や就職、消費から家庭を持った後の生活の場は県外になって行きます。
地域に対する意識は益々遠ざかって行きます。そこに手を加えなくてはなりません。

では、どうすれば。
私達は「教育」と「経済」であると考えます。

「教育」とは少し硬い表現ですが、「奈良県のことをもっと正確に、深く知ること」です。
それは歴史史跡だけでなく、県内で何が起きているのか、どのような産業や文化や産業が行われているかなど、そこに住む人を知る事でもあります。

そして「経済」。これは絶対に言えますが、「地域の経済の復興無くして、地方創生(再生)なし」というのが私達の信念でもあります。

私達の「シラベMAP奈良」が、ご支援する方は、そんな奈良県を根底から変えることのできる人たちです。
私達が奈良県内の企業、事業者、自営業者様に対する支援ビジネスを行っているのは、まさに経済再生の為には、こうした方々の力が不可欠と考えるからです。

そして同時にポータルサイトを重要と位置付けているのも同じ理由です。
このサイトをご利用して頂ける皆さまには、奈良県に関する多くの、そして深い様々な情報を知って頂く事で、奈良県に対する理解と、県内の消費を促進して経済の活性に繋げて頂きたいと考えるからです。

皆様の意識と力が、本当の奈良県の創生に繋がります。「シラベMAP奈良/新たな奈良創生プロジェクト」に是非とも力を与えて頂きたいと考えております。今後とも、私達に対するご理解とご支援を頂けますよう、宜しくお願い致します。

投稿日:2017年10月2日 更新日:

Copyright© シラベMAP 案内サイト , 2019 All Rights Reserved.